HOME  > コンテンツ  > 就業規則  > なぜ、今、就業規則作成、見直しが必要か?

なぜ、今、就業規則作成、見直しが必要か?

労働基準監督署に届出され、労働者に周知された就業規則は、使用者の内部的取り扱い基準であることを超えて、労働者に対しする客観的な法律(規則)となります。不整備な就業規則は、労使トラブルの温床となります。未然に労使トラブルを防ぐために、今すぐ、見直しを!

労働者を守る法律・相談機関
法律 労働基準法、労災保険法、労働契約法、労働安全衛生法など。
相談機関 労働基準監督署、都道府県労働局、労働審判制度など。

就業規則は、「人」という企業経営で最も重要で大切な資源に関する規定ですから、快適に労働力を提供できる又仕事をやる気にさせるといった配慮が必要です。

しかし、一方、厳しい現実の中で最悪のことも想定すべき予防管理でもあります。その意味から、従業員と意思の疎通を円滑にするために、不満や不都合を可能な限りつぶしていくことが重要で、会社は無用なトラブルを防ぐことが必要です。

従業員がその気になって会社の法律違反を訴えようとすれば、従業員を守る上記の法律や相談機関、インターネット(情報)など多くあります。そして従業員が【理論武装】して、サービス残業や整備・見直されていない『就業規則』の弱点を突いてくる恐れがあります。それに対抗するには、就業規則をきちんと整備・見直しが不可欠です。

万が一、労使紛争が起きてしまったら、企業防衛上、会社が正しいと第三者から判断してもらわなければなりません。その意味で、労基署に届出され、客観的に法律となった『就業規則』は、先手必勝の武器です。労働問題で、会社(経営者)を守ることの出来るのは、常に、整備・見直しされた、法的束縛力を持つ『就業規則』でしかありません。

就業規則の作成・見直しは、会社を労使トラブルや内部告発から守る武器です!
就業規則 無料診断
助成金 無料診断

お問い合わせ

小杉社会保険労務士事務所

048-951-8685(月〜金 AM9:00〜PM6:00)

プリンタ用画面
前
就業規則
カテゴリートップ
就業規則
次
就業規則は『会社の憲法』です

埼玉県 埼玉 三郷市 社会保険労務士 さいたま市 足立区 台東区 板橋区 松戸市 船橋市 八潮市 吉川市 川口市 草加市 越谷市 浦和
就業規則 作成 変更 改定 相談 診断 見直し 助成金申請 メンタルヘルス対策 社会保険 労働保険 雇用保険 手続き