HOME  > コンテンツ  > 助成金  > 返済不要の助成金を事業活動に活用しよう!

返済不要の助成金を事業活動に活用しよう!!

助成金は魅力的な制度です
  • 助成金とは、融資と異なり、もらいきりで、返済が必要ありません。

    仮に、50万円の助成金を受給すれば、それは売上の何倍にも相当し、結局、収益を上げたのと同じ効果があります

  • 助成金の使い途は自由です。

    助成金は、認定さえ降りれば、その使い途は、限定されていません。

    事業資金に回そうが、借入金に回そうが、問題ありません。経理上は、雑収入で計上です。

雇用保険の助成金制度は、厚生労働省が行う事業の一部であり、その時代の国の政策遂行をスムースに行うために、局面に応じた助成金を用意し企業がその都度助成金制度を利用することによって目的が効率的に達成することを狙っています。

助成金の財源は、貴社が支払った雇用保険料(特別企業側負担分)です。

雇用保険料会社側・労働者側支払い負担分
企業側負担分 1000分の6
労働者側負担分 1000分の6
特別企業側負担分 1000分の3、5
合計雇用保険料率 1000分の15、5

国は企業側負担分を助成金の財源にして雇用保険二事業(雇用安定事業、能力開発事業)を行っています。

雇用保険は、強制加入ですから、雇用保険の適用対象となる労働者を雇う場合には、必ず雇用保険加入が義務付けられていますので、財源は安定しています

したがって、雇用保険料を納めている会社は、当然、助成金を受ける権利があるわけです。助成金をもらっていない企業は、もらっている企業にお金をはらっているようなものです。

そして、助成金制度を利用することは、国の政策にも協力していることになります。ですから、国が企業のために用意している助成金制度を有効に使わない手はありません。

是非、助成金を有効に活用して、会社の発展にお役立て下さい。

就業規則 無料診断
助成金 無料診断

お問い合わせ

小杉社会保険労務士事務所

048-951-8685(月〜金 AM9:00〜PM6:00)

プリンタ用画面
前
助成金
カテゴリートップ
助成金
次
迷わず、助成金を受給するポイント

埼玉県 埼玉 三郷市 社会保険労務士 さいたま市 足立区 台東区 板橋区 松戸市 船橋市 八潮市 吉川市 川口市 草加市 越谷市 浦和
就業規則 作成 変更 改定 相談 診断 見直し 助成金申請 メンタルヘルス対策 社会保険 労働保険 雇用保険 手続き