HOME  > コンテンツ  > メンタルヘルス  > メンタルヘルス対策のキーマンは、職場の管理職

メンタルヘルス対策のキーマンは、職場の管理職

メンタルヘルス対策『四つのケアー・対策』とは、「セルフケアー」、「ラインによるケアー」、「事業所内産業保険スタッフ等によるケアー」、「事業除外資源によるケアー」です。

メンタルヘルス不調者の80%が職場からの発生であり、心の病対策は、早期発見早期治療だと言われ、その職場における第一発見者となるのが、職場の上司(管理職)です。

ラインによるケアー」において、職場の上司(管理職)が最も重要な役割を担っています。

1.メンタルヘルス不調( 心の病 )ケアーに対する管理職の重要な役割

  1. 声を掛け、部下のストレス最初の気付き、職場での第一発見者( 早期発見

    部下の勤怠の変化把握( 遅刻、欠勤、仕事のミス、唐突な暴言など )

  2. 職場環境の把握と改善

    職場の仕事の量、質的負荷、労働時間(過重労働)の把握、職場の人間関係の把握など

  3. 職場の部下からの相談対応

    職場のレイアウト、作業方法、評価制度、勤務体系、休日、休憩、年次有給休暇の取得、職場の人間関係などの相談

  4. メンタルヘルス不調者を休職させる判断責任者であり、また職場復帰におけるプログラム責任者である。

2.メンタルヘルス不調者にも加害者にもなる管理職( 要注意 )

  1. 職場の管理者(上司)は、職場のメンタルヘルス対策のキーマンであると同時に、本人のメンタルヘルスケアーも必要です。特に昇格した直後、その責任のプレッシャーが重圧となり、メンタルヘルス不調者に管理職自身がなることがあるので注意が必要です。
  2. 職場の管理者(上司)は、部下に対して、職場における職権のパワーを背景として、本来の業務の範囲を超えて、相手の人格と尊厳を傷つける言動により、メンタルヘルス不調者を生む要因となるパワーハラスメントの当事者となることがあるので注意が必要です。
就業規則 無料診断
助成金 無料診断

お問い合わせ

小杉社会保険労務士事務所

048-951-8685(月〜金 AM9:00〜PM6:00)

プリンタ用画面
前
企業の『 心の病 』の背景と対策の流れ
カテゴリートップ
メンタルヘルス
次
心を軽くするメンタルヘルス( 労働時間 )対策

埼玉県 埼玉 三郷市 社会保険労務士 さいたま市 足立区 台東区 板橋区 松戸市 船橋市 八潮市 吉川市 川口市 草加市 越谷市 浦和
就業規則 作成 変更 改定 相談 診断 見直し 助成金申請 メンタルヘルス対策 社会保険 労働保険 雇用保険 手続き