HOME  > コンテンツ  > メンタルヘルス  > なぜ、今、メンタルヘルス対策なのか!?  > (注目)裁判事例で学ぶメンタルヘルス対策

( 注目 )裁判事例で学ぶメンタルヘルス対策

電通事件( 過労自殺についての安全配慮義務に関する裁判例 )

(事件の概要)

自殺した労働者の遺族が労働者は会社から異常な長時間労働を強いられたためにうつ病を発症し、その結果自殺に追い込まれたとして会社に損害賠償を請求した。

(裁判の判断)

  1. うつ病発症は、有給休暇を申し出ても取れない環境において、社会通念上許容される範囲を超えた長時間労働(年間3500超え)に従事させられたことが原因である。
  2. 労働者の上司は、本人からの相談もあり、常軌を逸した長時間労働及びおよび労働者健康状態の悪化を知りつつ、自殺にいたることも予測が可能だったにもかかわらず、労働時間を減少させる具体的な措置を何もとらなかった。

(結論)

会社の安全配慮義務違反を認定 + 民事損害賠償の請求(1億6,857万円)

会社の安全配慮義務と ★その違反の構造『 使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮するものとする 』
  • 本人からの相談などにより結果を予見することが可能であったか
  • その結果の予見に対して、具体的な回避措置を取る行動をしたか
最近の過労死関係( 安全配慮義務違反 )認定 + 高額民事損害賠償額
事件名 被害内容 損害賠償金額(円)
電通事件 うつ病―過労自殺 2000年 1億6,857万
関西医科大学病院事件 過労死 2004年 1億3,400万
川崎製鉄 過労自殺 2000年 1億1、350万
オタフクソース事件 過労自殺 2000年 1億1、111万
協成建設工業事件 過労自殺 2000年 9,154万
名糖運輸事件 心疾患・死亡 2001年 7,250万
川崎市水道局事件 いじめによる自殺 2003年 2,300万

損害賠償金額は、企業規模、支払能力関係なく決定されます。判決後現金で支払わなくてはならず体力のない会社は、閉鎖や倒産の危機となります

メンタルヘルス不調( 心の病 )の事件が起きたら 貴社は、堪えられますか?

就業規則 無料診断
助成金 無料診断

お問い合わせ

小杉社会保険労務士事務所

048-951-8685(月〜金 AM9:00〜PM6:00)

プリンタ用画面
前
(注目)メンタルヘルス対策、急ピッチで進む法改正
カテゴリートップ
なぜ、今、メンタルヘルス対策なのか!?
次
(注目)メンタルヘルス対策の放置は、被害甚大

埼玉県 埼玉 三郷市 社会保険労務士 さいたま市 足立区 台東区 板橋区 松戸市 船橋市 八潮市 吉川市 川口市 草加市 越谷市 浦和
就業規則 作成 変更 改定 相談 診断 見直し 助成金申請 メンタルヘルス対策 社会保険 労働保険 雇用保険 手続き