HOME  > コンテンツ  > 就業規則  > 労働者が訴えやすくなった『労働審判制度』

労働者が訴えやすくなった『 労働審判制度 』( 平成18年4月1日施行 )

最近の労働問題のトラブルは、労働組合の組織率の低迷などに伴い、労働者(個人)と会社の紛争(個別紛争)多くなりました。今までの裁判は一般的に、紛争の解決に長期で費用がかかることから、国が、短期間で結論を出せる案件については労働審判で行えるようにして、そこでの結論の効力を『 裁判所と同じ強制力を持たせる 』事のできる制度。それが労働審判です。

労働審判制度の特徴
労働審判の特徴
  • 安い(費用が、申し立て手数料( 下記参照 )と弁護士費用が必要)
  • 早い(審理3回、結審1回)約4ヶ月結論
  • 簡単な手続き
    1. (本人のみでもOK)
    2. 代理人(弁護士)伴ってもOK
申し立の場所 地方の裁判所内( 例―東京地方裁判所内 )
申し立て内容 解雇、雇い止め、配転、賃金不払い、退職金、セクハラ、パワハラ等、(審理が3回と短いため、事実関係の明確なものが有効です。)
結論に対する強制力 労働審判の結論は、2週間以内に当事者が異議を申し出なければ確定します。従わなければ強制執行することが出来る
(他の労働局等の助言、指導に対して、事業主は従う義務がない)
訴える人 すべての労働者(正社員、派遣、パート、アルバイトなど)可能です
費用
  1. 本人のみの訴訟( 申し立て手数料の印紙代のみ)申し立て手数料(労働審判に求める請求金額10万円〜2000万円に対し@500円から37,000円の印紙代で)OK
  2. 弁護士(代理人)依頼(弁護士費用約20万前後+申し立て手数料
事業主様 (要注意)この制度が施行されて、労働者が訴えやすくなり、諦めや泣き寝入りすることなく、事業主の法律違反に対して、訴訟をする機会が急増しました。
就業規則 無料診断
助成金 無料診断

お問い合わせ

小杉社会保険労務士事務所

048-951-8685(月〜金 AM9:00〜PM6:00)

プリンタ用画面
前
労働者を強力に守る『新労働契約法』
カテゴリートップ
就業規則
次
労務管理、弁護士、社労士、どちらが適任!

埼玉県 埼玉 三郷市 社会保険労務士 さいたま市 足立区 台東区 板橋区 松戸市 船橋市 八潮市 吉川市 川口市 草加市 越谷市 浦和
就業規則 作成 変更 改定 相談 診断 見直し 助成金申請 メンタルヘルス対策 社会保険 労働保険 雇用保険 手続き