メンタルヘルスと企業経営のポイント(4)

投稿日時 2014-09-20 | カテゴリ: TOP

   ようこそ、ホームページをご覧頂きありがとうございます。

       メンタルヘルスと企業経営のポイント(3)      

 安全配慮義務違反、何が裁判で争われるか
       それを回避するには?

 前回の 最新情報ー社員の申告なくとも『 心の疾患、会社に配慮義務あり】―最高裁判決東芝事件でも記載しましたが、非常にメンタルヘルス疾患に対して最近、会社側に厳しい判決が出ております。

1、安全配慮義務とは、【使用者は、業務の遂行に伴う疲労や心理的負荷(ストレス)等が     過度に蓄積して労働者の健康を損なうことがないよう 】労働契約法(5条)に明文化
  されています。
  
 何が、裁判でメンタル疾患になると安全配慮義務違反での争点は、下記2点です。

1、予見可能性があったかどうか


  東芝事件は、重光さんが体調不良を上司に伝え、1週間以上の欠勤を繰り返していたことから、
    予見可能であった わけです。
  また、今までの判例から、/場の同僚などから部下の体調不良の話を聞いていたか、又上司
     が 部下の体調不良 を知っていたかを問われます。

2、結果回避義務をしたかどうか

  部下が上司に体調不良を訴えていたにもかかわらず、体調不良を改善させるために、休みを
     与え、休養を取らせて、なんら改善策を取を取ったかどうかが問われます。

  1、安全配慮義務違反を回避するために(判例から学ぶこと、裁判所は下記の点を考慮
         (チェック) します。)

     ⊂綉2点を配慮することがが重要なポイントとなります。
     会社が、上記2点を配慮してしてもなおかつ、労働者から訴えられた場合,最悪の事態
     (多額な損害賠償額)等を避けることはできます。
  
    ◆日頃から企業のコンプライアンスが意識が大切
      A、長時時間労働への医師の面接指導
      B,心の健康づくり策定
      C,衛生委員会の開催


      D,心の健康問題の特性に着目した発生時の対応について
        就業規則の休職規定等の見直し・整備が必要 

 
        次回は、メンタルヘルスと企業のポイントは、
         企業と安全配慮義務のバランスについて      

       

 

       

     
    
   
   

 

                  次回は、、企業とメンタルヘルス(3)
 






小杉社会保険労務士事務所|就業規則 助成金申請 メンタルヘルス対策 他にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.kosugi-sr.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.kosugi-sr.com/modules/news/index.php?page=article&storyid=20