HOME  > 更新情報  > TOP  > メンタルヘルスと就業規則の整備(6)

メンタルヘルスと就業規則の整備(6)

投稿日時: 2014-12-20 (1803 ヒット)

     ようこそ、ホームページをご覧頂きありがとうございます。

      再休職を繰り返す社員について

 

   医師の診断書よりに休職から職場復帰をしてもなおメンタルヘルス疾患が再発し、それを繰り返す
   者に対して、会社としてどのように対応したらよいのでしょうか。

   メンタルヘルス疾患の特性としても、再発する場合もあることをご理解してください。
   
   そこで、そのまま同じように繰り返しの休職は、職場の戦力にも拘わりますし・・・・、
   会社として、何回まで休職させたら良いのでしょうかとのご質問がよくあります。
   その場合、会社の就業規則に沿って、休職・復職をさせていくことになりますが、
   ただ、会社も、メンタルヘルス疾患が再発し、休職の繰り返しを放置するわけにいきません。

    下記の条文を就業規則に加えることをお勧め致します。 

                                                   【 休職期間の通算規定
    
  欠勤後、一旦出勤して6か月以内または、同一ないし似以の事由により再び欠勤するときは、
    その期間を前後通算する。
 
       
      ☆  欠勤から復職後、6か月が経過しないと欠勤日数がリセットされない。
          復帰後、【 同一ないし似以の事由により再び欠勤となった場合には、ずっとリセットされず通算される。 】
     
   注意、  通算規定の導入や、リセット期間の延長は就業規則の不利益変更にあたる。
          就業規則の不利益変更の必要性・合理性が必要となります。

      就業規則の不利益変更の必要性及び合理性について

    近年、メンタルヘルス等により欠勤する者が空草子、これらは通常の怪我や疾病と異なり、一旦症状が回復
    しても再発することが多く、現実にもこれらにより傷病欠勤を繰り返す者が出てくるなど給就業規定の想定
    していなかった事態が生じていた。
    このように旧規定には変更の合理性があったほか、過半数組合である野村総合研究所従業員組合の意見を
    聴取し、意義がないという意見を得て変更したものであるから、変更についての合理性もあり、就業規則の
    変更として有効である。
    野村総合研究所事件(東京地裁判決平成20.12.19)

 

 


     
     

印刷用ページ 

埼玉県 埼玉 三郷市 社会保険労務士 さいたま市 足立区 台東区 板橋区 松戸市 船橋市 八潮市 吉川市 川口市 草加市 越谷市 浦和
就業規則 作成 変更 改定 相談 診断 見直し 助成金申請 メンタルヘルス対策 社会保険 労働保険 雇用保険 手続き