HOME  > 更新情報  > TOP  > メンタルヘルスと就業規則の整備(4)

メンタルヘルスと就業規則の整備(4)

投稿日時: 2014-11-20 (1336 ヒット)

     ようこそ、ホームページをご覧頂きありがとうございます。

            就業規則の整備(4)
         休職期間中の賃金について

 

    、賃金については、メンタルヘルス疾患の社員、大きく分けて、2つの場面に遭遇します。

   (1)、休職期間中の賃金、 (2)、会社でリハビリ勤務をするするときの賃金


  1、休職期間中の賃金は、一般的に、私傷病として健康保険の【傷病手当金】
                    を活用します。 
                    会社が労働者本人への支払いは
無給の扱いです


     支給要件  〕弖錙Х膓佻続4日目から、傷病手当金が支給されます。
            ◆ゞ盂曄本人の給与のおおよそ3分の2(67%)が支給
             期間:、最長で1年6か月間支給されます。

     ただし 、会社から、給与が3分の2(67%)以上支給されていた場合には、傷病手当金は支給されません。
     参考:休職中であっても社会保険料(健康保険、厚生年金)労使折半の支払いが必要ですので 
         休職に入る前に、労働者の支払義務があることとその支払い方法を話し合いが必要です。
         休職中の労働保険(雇用保険の支払いは、所得がないので、発生しません。
  

            次回は、リハビリ勤務の賃金について


印刷用ページ 

埼玉県 埼玉 三郷市 社会保険労務士 さいたま市 足立区 台東区 板橋区 松戸市 船橋市 八潮市 吉川市 川口市 草加市 越谷市 浦和
就業規則 作成 変更 改定 相談 診断 見直し 助成金申請 メンタルヘルス対策 社会保険 労働保険 雇用保険 手続き