HOME  > ブログ  > 未分類  > メンタルヘルスと労務管理(6)補足(事例)

メンタルヘルスと労務管理(6)補足(事例)

カテゴリ : 
未分類
執筆 : 
2014-4-28 14:05

 
       ようこそ、ホームページをご覧頂きありがとうございます。

    

         うつ病の特徴(事例)と労務管理ポイント

 1、現代型うつ病


   現代型うつ病のタイプは、体調不良であると周囲のが気が付き、上司が【病院で診てもらった】と言っても
   【大丈夫です】と言って、なかなか病院などに行きません。その理由は、このタイプは、自分の健康状態を
    会社に知られることで、将来の自分の評価に不利益になるのではないかと考えるので、最初は拒否しますが
    しかし、そのまま放置してしまうと、会社の安全配慮義務を問われてします。根気よく医師に診せるよう説得してください。

 2、現代型(新型うつ病):ある会社の課長さんがお話しいただいた例です。


   
   部下(若い男性)が、【すみません、私、うつ病だと診断されましたので明日から休ませてください】と診断書を持ってきた。
   しかし、課長さんは、ここで1人でも休まれたら仕事が回っていかないと考えたそうですが、早く休ませて、早く戻ってきて
もらった方がよいと考え、人事課に連絡・了解を取って、【明日から、休んでよい】と、翌日か ら休職させた。
 しばらく経ったので、部下の同僚に、病気見舞いかたがた行かせた。

その時の話の中に【町会でソフトボールの人数が足りない
   ので、出て欲しいと言われ出たんだよ】話された。そこで【そんなに元気になったのであれば、早く会社に戻ってよ】と
 言ったら 【仕事と言うと、いまいちなんだよなー】と言ったので、そのまま上司に報告した。

   そこで、上司が病気の本人に電話をした【町会のソフトボール出たんだって、元気みたいだから、会社に戻ってきてよ
   みんなで君の仕事を振り分けてやっているので大変なんだ】と言ったら、部下が【仕事というと、本調子ではないんだよね】
   課長さんは、さすがに、切れて、電話口で【ふざけるな!】と怒った。

   翌日、病気の母親が来社して、【うちの息子は、早く職場復帰をしたいと思うけれど、あの、昨日の電話に出た
   パワハラ上司の元には、戻りたくない】と言って帰ったそうです。
   これが典型的な新型うつ病(現代型)の特徴です。   これから、ますますこのような新型うつ病が増えてくると思われる。

 理由は、親が、障害物を取り除き、今の若者は、怒られる、叱られる体験が少ないため、挫折感を知らず、耐える、我慢をする、ストレスをかわすということができなくなってきている、と考えられている。

    


   

 

 

  • 閲覧 (1652)

埼玉県 埼玉 三郷市 社会保険労務士 さいたま市 足立区 台東区 板橋区 松戸市 船橋市 八潮市 吉川市 川口市 草加市 越谷市 浦和
就業規則 作成 変更 改定 相談 診断 見直し 助成金申請 メンタルヘルス対策 社会保険 労働保険 雇用保険 手続き